離婚するとマイホームの住宅ローンはどうなるの?

住宅ローンのある持ち家。離婚でどうしたらいいの?


長年、連れ添ったパートナーとの離婚

住宅ローンが残っている戸建てやマンションなどの持ち家に住んでいる場合、離婚した後にどのような形にしたいか考えておいた方がいいです。

女性側(妻)でも男性側(夫)でも同じだと思いますが、子供やマイホームの住宅ローン残債など、状況によって変わりますよね。

例えば、以下のパターンは困りません。
・住宅ローンが残っていない。
・ご主人がそのまま一人で住む
・妻が家を出て、別の賃貸に住む。

離婚のとき、持ち家の処理の困るときとは

おそらく、困るパターンとしては以下の3つだと思います。

1.夫婦共有名義の住宅ローン

2.現在、夫名義の家に、妻と子供がそのまま住みたい。(女性側が困る場面が多い)

3.住宅ローンが残っているが、売却したい。(男性側が困る場面が多い)

順番に見ていきたいと思いますが、1と2は関連する部分が多いのであわせてみていきたいと思います。

離婚で妻が住宅ローンの残った持ち家に住む

まず離婚に際して、夫婦共有名義だと処理しづらいことがあります。そのため、家を維持する場合には、どちらかに一本化したいと考えるのが普通です。(売却したいという場合はこちらをご覧ください)

一本化する場合には、まとめる方の収入による部分が多いです。1人でも住宅ローンを組めるような状態であれば問題ありませんが、そもそも共有名義で購入している場合、片方では収入が足りない場合もあります。

この辺りは機械的に作業されてしまうと厳しいご夫婦もいると思います。ただ「離婚時」という特殊な状況にあるわけなので、そのあたりはしっかりと検討事項に入れてもらいたいですよね。

次に2番目の「妻と子供がそのまま家に住みたい場合」です。

このパターンは、子供の学校の関係で、お母さんと子供がそのまま住みたいという場合に多いですよね。

「名義変更した方がいいのか?できるのか?」
「できない場合は、きちんと夫が払っていってくれるだろうか?」

このような不安が出てきます。

このような場合は、どのパターンが最適か?というのは、まさに夫婦の関係や状況によって千差万別なんですよね。

例えば、妻側に名義変更ができたとして、住宅ローン分は夫が払っていってくれるといった約束をした場合でも今度は次のような心配が出てきます。

「夫がお金を払ってくれなくなったらどうなるの?」

住宅ローンは夫が組んだままといった場合に、単純に「夫に請求が行くだけでしょ?」と考えるのは安直です。

その状態が続いてしまえば、いずれは任意売却、競売などに進んでいってしまいます。

そうすると、お母さんと子供は引っ越しすることになってしまいますからね。

だから、女性側としては、しっかりと先を見据えた方法をとる必要があるわけです。

この点に関して、本当にその夫婦や家の状況によって、ケースバイケースと言われています。

離婚時の住宅やローン関係に関しては、知らないと損してしまったり、難しい面が多いので、専門家に相談した方がいいです。


ただ弁護士事務所に行くのは敷居が高いですし、市の弁護士相談ではご近所さんに見られてたり・・・と言った心配がありますよね。

そういう方は、まずはネットで相談をぶつけてみてもいいのかもしれません。

全国の住宅ローン診断士で運営されている「株式会社JMPパートナーズ離婚・住宅ローン対策センター」という団体もあります。

離婚時の住宅ローンを専門に対処している団体なので、相談しやすいのではないでしょうか。他の会社が持っていないような知識やノウハウ、人脈などがあるかもしれませんしね。

株式会社JMPパートナーズ離婚・住宅ローン対策センター公式サイト

住宅ローンが残っているけど売却したい

次に3番のパターン(住宅ローンが残っているが、マイホームを売却したい)ですが、これは夫側が困る場面が多いはずです。(もちろん住宅やローンの名義が妻の場合もありますが・・・)


この場合、基本的に住宅ローンの完済が売却の条件となります。

ですから、売れた金額が住宅ローンの残りに満たない場合には、その分の現金を用意することになります。

なければ、別のローンを組んだり、親族から借り入れをする必要があります。

差額分を用意できないとなると・・・次は、「任意売却」という方法になります。

これは、基本的に住宅ローンを意図的にでも滞納する必要があります。

滞納していると、金融機関側から「もう住宅を売ってでもとりあえず返して!」と逆に言ってくるわけです。

この場合でも、実際には住宅ローンの差額が残りますよね。

しかし任意売却によって残るローンに関しては、分割で払っていくなど金融機関と交渉ができるというわけです。

ただし、任意売却に至るまでに必然的に滞納することになるわけですからブラックにはなってしまいます。


自己破産(競売)を除いては、基本この2つの方法しかないので、住宅ローンが残っている場合は、本当に身動きが取りにくいです。

なので、離婚を考え始めたら、早めにどのような方法がとれるのかを考える必要があるんですよね。

まずは、住宅ローンがいくら残っているのか、いくらくらいで売却できそうなのかを把握しておきましょう。

売却価格を調べる場合に、公示地価とかで調べようとする人がいますが、これあまりあてになりません。

例えば、同じエリアでも駅や国道への距離とかで変わります。ましてや、マンションでも戸建てでも家自体の価値も考える必要が出てきますからね。

ですから、実際に査定してもらうのが手っ取り早いのですが、「まだ家の中を見られるのは・・・」と思う方もいますよね。

そういった場合には、一括査定でお願いしましょう。

実際にいくつか利用しましたが、メールで査定結果が届くだけです。

私の場合、電話がかかってきたところは1社もなかったですね。

中を見たりしないので、特に応対とか立ち合いとかもありませんが、その代わり正確な価格ではありません。

ただ中を見たからと言って、大幅に査定額が変わるわけではありません。

外観状況と立地だけで、ある程度の売却額を教えてくれるメリットは大きいのでおすすめです。

あと複数の査定額を知っておくと、不当に安く評価されたりしたらわかりますからね。

ブラックジャックによろしくとコラボ中!利用者一日10000人の一括査定「スモーラ」

本当は、任意売却になる前に、金融機関側がある程度の交渉に応じてくれるといいんですけどね・・・。

上でも紹介した株式会社JMPパートナーズなら、何かしらノウハウがあるかもしれません。離婚と住宅ローンに絡むお話なので、一度相談してみると、思わぬ解決法が見つかるかもしれませんね。

株式会社JMPパートナーズ離婚・住宅ローン対策センター公式サイト

離婚で持ち家の住宅ローンはどうなるの?パターン別対処法